京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

0円和解にご注意

もし借入のある業者から0円和解の提案があったら、「0円にしてくれるなんてありがたい」「もう借金の返済をしなくてもよくなるなら和解したい」と思ってしまいますよね。毎月の返済から逃れられるのであればすぐにでも提案に応じてしまいたい気持ちになるでしょう。
 
 でも待って下さい。もし0円和解の提案をされても、安易に提案に応じてはいけません。借金が0円になるからと簡単に和解に応じてしまわず、まずは司法書士に相談下さい。
 
 なぜなら0円和解を提案された場合、実は過払いが発生しているかもしれないからです。むしろ0円和解の提案をされた場合には発生していると考えて間違いないでしょう。なぜなら、債権が残っているのに0円で和解をするメリットが債権者にはないからです。
 
 業者独自で今までの取引を計算し直したところ過払金が生じていた場合、もし司法書士に債務整理の相談をされてしまったら過払金の返還請求をされてしまいます。このため、過払金の返還請求をされる前に、0円和解をしてしまおうという意図で0円和解を提案してくることが多いのです。

 そもそも0円和解とは、ただ単に「あなたが返済すべき借金はもうありません」という内容ではありません。債権者である業者と債務者である借金をした本人との双方について債権債務無し、という内容になっています。

つまり、借金をした本人の立場で考えると、借金を返済するという債務が0円になってなくなるだけではなく、もし過払金があった場合には過払金の返還を請求するという債権もなくなってしまうのです。提案された0円和解に応じた場合、和解書面を交わすこととなりますが、その和解書面には「本件に関し何らの債権債務も存在しないことを確認する」といった内容の条項が必ず記載されているはずです。0円和解とはこういうことなのです。

 最近では無料の相談窓口も多くありますので、まずは借入の内容と業者から0円和解の提案があった旨を話してみて下さい。恐らく過払金の返還が請求できると言われると思います。そして、司法書士に過払金の返還請求を依頼すれば、業者から今までの全取引の履歴が開示されますので、あとは司法書士が再計算をして過払金の返還の交渉をしてくれます。せっかく返還されるものがあるのにゼロにしてしまわないように、まずは気軽に司法書士に相談をしてみて下さい。
 
 まで楽しめなかったレジャーや家族の為に、取り戻した過払い金を充てる事が出来た」という人も多数います。過払い金訴訟はぜひ借金問題に強い司法書士事務所に相談下さい。

 

 

過払い金返還請求に関する他の記事は、下記をご覧ください。

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.