京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

借金があっても相続放棄をする決断は慎重に

相続が発生した際は、被相続人にプラスとマイナスの両方の財産がどれ位あるのかを計算した上で、相続をするのか相続放棄をするのかを考えることになります。

 相続をすることになると、現金や土地などのプラスの財産と消費者金融などの借金であるマイナス財産を全て相続することになります。被相続人の借金があまりにも多いと相続しても意味がありませんので、相続放棄することになってきます。しかし、被相続人が生前に借金をどのように返してきたかによって、実は借金を返済し過ぎていたということもあるのです。過払い金請求という言葉がよくCMで流れていますが、上記のように必要以上に払い過ぎたお金を返してもらえることがあります。

 消費者金融業者は、法律の範囲内で金利を決めることができます。上限金利が設定されていることから、この上限金利を超えてお金を貸すことはできないのです。業者の中には、利息制限法が改正される以前、上限金利を超えてお金を貸していた会社が存在し、そのような会社から借金をしていると、必要以上に借金を返済していることがあります。

 お金を払い過ぎているのでしたら取り戻したいところですが、ここで問題なのが、被相続人がどこの消費者金融からお金を借りているのか把握できないことや、過払い金の返還請求を相続人個人が簡単に行えないことがあります。そこで、司法書士に頼むことで過払い金の返還請求を代行してやってもらうといいでしょう。

 司法書士は過払い金の返還について日頃から力を入れていることもありますので、かなり詳しく親身になって対応してくれます。故人が借金を返済していてもなかなか借金が減らなかったということがあると、必要以上に返済していた可能性が高いでしょうから、その調査を含めて司法書士に相談するといいでしょう。

 被相続人に借金があるから相続しないということではなく、本当は過払い金があるのではないかと考えることも必要です。

 

 

過払い金返還請求に関する他の記事は、下記をご覧ください。

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.