京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自分で和解してしまった後も請求できますか?

世間には過払い金が生じていたという事実を知らなかったという人も結構います。ご自身で調べた結果過払いが発覚し、自分で業者と過払金返還の交渉をして過払金返還の和解をしたものの、この和解をした後で実はまだ過払い金があったということがわかったケースもあります。こんな場合は再度請求をすることは出来るのか気になるところです。

 たとえば裁判外の和解という、任意で過払金返還の和解をしている場合は認められることが比較的多いです。これは双方が任意で行っており、返還すべき金額が明らかであれば請求する方法もあるので司法書士に相談下さい。

 しかし裁判をして、判決が出ている場合についてはほぼ不可能です。判決に従うことがルールですので、まだ過払金があったと主張しても認められる可能性は低いでしょう。これでは何も出来ないという問題に直面します。裁判上でも判決でなく和解という形であれば、判決より対応の余地が残っているかもしれませんが、難しい状況であることに違いはないので、もし再度請求したいときは無理をせず専門家に依頼するとよいでしょう。

 なかなか再度請求することは無いかもしれませんが、知らなかったところで実はまだ過払い金が残っていることもあります。ここでは司法書士の力が非常に重要になっています。とにかく相談してみてください。

 

 

過払い金返還請求に関する他の記事は、下記をご覧ください。

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.