京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自分の住所地?業者の所在地?裁判所の土地管轄

過払金返還請求の裁判を起こすとき、どの所在地の裁判所で提起すれば良いのかわかりづらいとされています。自分が住んでいる住所地で行えば良いのか、それとも業者の所在地で行うべきなのか、これは一般的に知らない人が相当います。間違ってしまうと訴状の受付さえもしてもらえません。

 裁判所の管轄を考えるときには、普通裁判籍というものを知っていなければなりません。これは個人であれば個人の住所地、法人であれば法人の所在地にある裁判所のことをいいますが、相手側(被告)の普通裁判籍を利用して裁判を行うことが基本となります。

 また、上記の他に特別裁判籍というものが存在しています。義務履行地は、過払い金返還を請求する方の住所地であり消費者の方の近くにある裁判所を利用してもいいことになります。つまり普通裁判籍では相手の住所地を管轄する裁判所を利用しなければならないのですが、特別裁判籍によって原告の近くにある裁判所を利用して、訴訟を起こしても問題はないということです。これを知っていると、裁判を起こすことが楽になります。

 司法書士などに依頼すれば代理人となり、ご本人は裁判に出廷する必要もほぼありません。相手側も代理人を立ててくることがありますが、場合によっては出席すらしてこないこともあります。

 近くにある裁判所に訴訟を起こすことはできますが、ルールなどわかりづらい所も多いので、ぜひ司法書士に相談下さい。

 

 

過払い金返還請求に関する他の記事は、下記をご覧ください。



2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.