借金の時効について(時効援用)

 

あなたのその借金は、時効かもしれません!
5年以上経過で借金時効の可能性があります

時効の期限

借金の種類によって、時効になる期間が異なります。
  • 金融機関やクレジットカード会社、信販会社など・・・5年
  • 友人や家族などの個人・・・10年

 

借金が時効になれば、その借金返済義務は免除です


時効が成立すれば、もう借金を支払う必要はありません!
しかし、時効になっていることをきちんと示す必要があるのです。
時効期間が経過しただけで、借金が自然に消滅するわけではありません。
「消滅時効の利益を受けます」と内容証明郵便を債務者に対して意思表示をしなければ
時効は認められませんので、注意が必要です。
 
時効になったと思われる方は、早めに当事務所までご連絡ください。
 

時効の援用

借金の時効手続き費用・・・1件につき3万円+実費

 

時効が成立しない場合があります

~借金返済の時効が中断してしまう場合~

1.借金を承認した場合

督促状が送られてきた場合、借金があることを認めてしまうと「時効の利益を放棄した」とみなされます。
債務者から、「1万円だけでも払ってください」と言われた際に応じると、
時効発生のカウントは0に戻ってしまうのです。
 

2.債権者が裁判で訴えを起こした場合

貸し手である債権者が、裁判で提訴をした場合、借り手である債務者に対して支払い督促が通知されます。この時、時効は6ヶ月中断されます。

3.差押さえをされた場合

給料などの差押さえをされた場合に、時効は中断します。
 

では、借金は時効になるまで待てばよいのでしょうか?

世間では、「借金を踏み倒せばよい」等、時効になるまで待つことを斡旋する情報もあるようですが、
安易に時効が経過するのを待つことは、お客様にとっての不利益が大きいため、専門家としておすすめすることはできません。
借金問題のお悩みを軽減するために、任意整理や個人再生、自己破産など様々な解決方法があります。
まずは、お客様にとって一番よい方法を検討することが一番ですので、早めに当事務所までご相談ください。

 

時効援用の手続きの流れ

1.お問い合わせ

まずは、お電話でご連絡ください。
 

2.当事務所にて、個別の無料相談を行います。

お客様の借金の状況を確認し、時効の援用が可能かどうかを確認いたします。
 

3.時効援用の手続き開始

時効の援用を行うことができる場合は、時効援用の書類を作成し
当事務所より債権者に内容証明郵便で郵送します。
 

4.時効の成立

時効が成立すると、借金返済の必要はなくなります。
また、債権者からの取立てや督促状の通知も一切なくなります。
 

借金が時効になっているか診断します!

最後の取引から5年以上経過している場合は、借金が時効になっている可能性があります。
まずは、時効になっているかどうかのチェックを行いましょう

当事務所では、時効のチェックを無料で行っています。
気になるお客様は、お早めにご連絡ください。

PAGETOP