自己破産後の生活について

破産すれば財産は一部を残して貸主に分配されます。しかし破産手続開始がされた後の財産は全て自分の財産として自由に使うことができます。さらに破産手続きが廃止されるか免責されると制限されていた資格は回復し、自由に転居や旅行の制限も解除されます。

債務返済計画の実行

借金の整理をしたらあとは返済計画を確実にこなしていくだけです。
整理する段階で既に無理のない計画が立てられているはずですが、急な出費というものは必ず出てきます。もし破産や個人再生をした場合だとヤミ金融からのダイレクトメールが届きますが、絶対に連絡をとってはいけません。どうしても貯蓄を上回る出費が必要な場合は親や知人に頭を下げてでもそちらで借りるべきでしょう。破産や個人再生を一度すればその後10年は同じ方法は使えないということにしっかり自覚を持って下さい。
また借金癖がある人が親や親戚からお金を借りて借金の返済をしてもまた同じことを繰り返す可能性は少なからずあるので、周囲の人たちの協力が必要になってきます。

出納の管理をする

家計の支出は返済計画を遂行する上でも、完済した後の生活を再び借金で失うことがないようにするためにも非常に重要ですが、大体の方は毎月どれくらい使ったかはどんぶり勘定でしかしていないのが現状でしょう。まずは簡単にメモをとる程度でいいので月にどれぐらいを使っているかを把握することが必要です。ギャンブルなどはもとより、食費などでも外食が多い方は一体それにどれくらい払っているのか実際数字で見ると驚くことでしょう。
また、生活にゆとりが出てきたからといって繰上返済にまわせばよいという訳でもありません。どんな整理方法でも7年程度は借入れができないということに自覚を持ち、貯蓄を多めにすることを心掛けましょう。

メンタルサポートを受ける

借金の問題は時には人の心を深く傷つけることもあります。
執拗な取り立ててで大きな不安を抱え眠れなくなくなった方、誰にも悩みを打ち明けられず、自殺まで考えるようになってしまった方。
たとえお金の問題を解決できたとしても心の問題をクリアにできなければ本当の意味の再起は図れないでしょう。F&Partnersではこのような方の心のケアもお金の問題以上に非常に重要なことだと考えています。

※現在はまだ準備中です。

専門家に依頼するメリット

借金整理で一番一般的な任意整理の場合でも、債権者との交渉は専門家を通さなければまず相手をしてもらえません。自己破産する場合も、用意しなければいけない膨大な書類を代わりに作成してもらえます。そして何よりも借主が一番困る貸主からの催促が弁護士や司法書士が受任通知を出すことで止める事ができますし、それ以降も借主の盾となって貸主に対応することになります。 借金整理でお困りの方は弁護士や司法書士に支払う報酬を知れば、驚かれるかもしれません。決して安くはありませんが、依頼する価値は間違いなくあります。

PAGETOP