自己破産するつもりでも請求してよいですか?

 借金が多すぎる時、もっとも役に立つ債務整理法が自己破産です。自己破産をしようと手続きをしている時に、ふと気がつくことがあります。もしかして、払いすぎたお金である過払金を請求すれば自己破産しなくて済むかもしれないと。このように、自己破産するつもりでいる場合でも過払金を請求していいのでしょうか。

 結論から言うと、自己破産を念頭に置いている人が過払金を請求しても、何の問題もありません。むしろ推奨される行為とさえ言えます。なぜ推奨されるのか、その理由は単純明快です。過払金が返ってくれば、そのお金を借金の返済にあてることができるからです。

 過払金が返ってきても、そんなお金、たかがしれていると考えているかもしれませんが、この過払金、金融業者との取引が長ければ長いほど、加速度的に返還金額が増えていくので、決して馬鹿に出来ません。場合によっては返還された過払金を借金返済にあてるだけで、自己破産するまでもなく、債務問題が解決する場合があります。そこまでいかなくても、例えば400万円ある債務が、過払金返還により100万円にまで減額されるかもしれません。そうなれば、自己破産をしなくても、自力で借金問題を解決できるかもしれないのです。

過払金があるなら、自己破産するつもりであろうがなかろうが、一度司法書士に相談してみるべきです。

 また、後々の手続きを考えたとしても、過払金返還請求はやっておくべきです。なぜなら、自己破産の手続きをしている最中に、過払金があることが判明した場合、裁判所からも過払い調査をすすめられるケースがあるからです。裁判所からすれば、自己破産による債務免責は最後の手段なので、それ以外にも、過払金返還という手段で債務を返済できるなら、それに越したことはないのです。なので、債務者に請求すべき過払金がある場合、まずそれを請求してその過払金を債務返済にあててほしい、それでも債務が返せないという時にだけ自己破産をしてほしいというのが、裁判所の本音なのです。

 ですので、債務を自己破産で帳消しにしてもらうつもりでも、まずは過払金返還請求から始めたほうがよいでしょう。といっても、過払金返還請求のやり方がわからない、そもそもいくら過払金が返ってくるのかわからない、そう考えて二の足を踏む人がほとんどでしょう。そういう時、頼りになるのが司法書士です。

自己破産を検討中の方は司法書士に相談下さい。

PAGETOP