2度目の自己破産、可能ですか?

 借金に苦しんでいるという方は実はとても多いといわれています。借金を法律的に解決する方法として、債務整理があります。債務整理には個人再生や任意整理がありますが、その人の事情により、自己破産という形を選ぶ場合もあります。

 全ての債務が帳消しになるため、また一から人生を新しく始めることができるといえるでしょう。しかし、中には、同じ理由でまた借金を繰り返してしまい、再度自己破産を検討しなければいけないケースもあります。2度目の自己破産というものは、可能なのでしょうか。

 まず、一回目の自己破産の免責確定から7年が経過しなければ、申し立てをすることができません。しかし自己破産には回数制限というものはありません。このため、2回3回目と自己破産することは可能です。

 ただ、2度目の自己破産となるとさらに厳しくなるといえるでしょう。2度目の自己破産の場合には、1度目の自己破産の場合よりも、さらに破産するに至った事情が重視されます。一度目で自己破産をしたのにもかかわらず、同じギャンブルや賭博が原因での借金の場合、自己破産が認められないケースもあるのです。2度目の自己破産であったとしても、裁判所からやむを得ない状態であったと認められれば、裁量免責が下りる可能性が高いです。たとえば病気や介護、または生活上の理由などの事情です。また反省などが見られれば認められることも多いです。

 もしも、自分一人で解決が困難であるという場合には、まずは司法書士にご相談ください。

PAGETOP