自己破産しても戸籍・住民票には記録されない

 自己破産すると、どのような影響があるのかよくわからないという人もたくさんいると思います。周りに知られたり、戸籍・住民票に掲載されてしまうのではないか、と不安になる人もいると思います。このような不安から自己破産をためらうという人は結構多くおられるようです。

 しかし、自己破産をしても戸籍・住民票に記載されることはありませんので安心してください。自己破産をすると官報に掲載されますが、毎日官報をチェックする人はいませんので周囲に知られる可能性は低いと考えて問題ないと思います。自己破産を考えている人はまず司法書士に相談してください。司法書士なら親身に相談に乗ってくれて、自己破産やそのほかにも債務整理の方法がないか一緒に考えてくれます。

 自己破産をするとどのようなデメリットがあるのかですが、クレジットカードを作ったりローンを組んだりできないという点があります。自己破産をすると銀行や消費者金融は融資している債権が回収できなくなってしまいますので、困ってしまいます。銀行や消費者金融は誰にいくら融資したのか・返済に滞りは無いかなど、情報を共有できるようになっています。

 銀行やカード会社、消費者金融はクレジットカードやローンを組む時にはこの信用情報機関で検索しますので、一定期間クレジットカードやローンは組めなくなってしまうという制限があります。しかし一定期間すぎるとこの記録は削除されますので、再びクレジットカードを作ることもできますし、ローンも組めるようになります。

PAGETOP