任意売却ができるタイミング

 自己破産をすると、借金の返済義務がなくなります。不動産や預金は処分されてしまいますが、借金がなくなることで、また一から、新しく生活を建てて直すことができることがメリットであるといえるでしょう。

 住宅ローンを滞納してしまった場合に、どういったことが起きるでしょうか。借金が1ヶ月~2ヶ月返済できなくなったとしても、すぐに住宅が差し押さえられてしまうというわけではありません。住宅ローンを滞納してしまった場合には、金融機関から電話がかかってくることになります。それから数か月後に銀行から催告書が届きます。さらに滞納していた場合には、保証会社が代位弁済するケースが多いです。そして、その後1年足らずで、保証会社が競売を申立てることになってしまいます。

 競売が開始されてしまうと、現地調査などで近所に競売がばれてしまう可能性があります。競売で住宅を売るよりも、任意売却の形で住宅を売却したほうが高く売却することができる可能性が高いのです。

 競売が始まってしまっても、入札前日までは中止にしてもらうことができます。住宅に関しては、競売で売却するよりも、任意売却の方がお得であるといえます。しかし、競売とは違い、任意売却の場合には、買い手を探す期間が必要なのでもしも任意売却を考えているのであれば、早めに任意売却の相談をすることがおすすめです。

 このように、住宅ローンを支払うことができなければ、任意売却を考える必要があります。任意売却は行うタイミングにより、負担する費用などを大幅に削減することができます。不明な点があれば、ぜひ司法書士に相談ください。

PAGETOP