サラ金以外でも要注意?銀行のカードローン

 多重債務のイメージは「サラ金」と呼ばれる消費者金融とイコールで結ばれることが多いです。消費者金融でお金を借り過ぎた人が多重債務に陥って自己破産、確かにこういうケースも多く存在しますが、今は消費者金融やクレジット業者とは別の債権者からお金を借りたことによって、自己破産する人が増えています。その借りる先とは銀行のことです。

 銀行でお金を借りるというと、マイホーム購入資金として2000万円お金を借りるとか、そういうイメージが思い浮かびますが、ここでいう「銀行からお金を借りる」というのは、いわゆるカードローンのことです。この銀行カードローンが原因で自己破産に陥るケースが増加しているのです。

 なぜ銀行カードローンが原因で自己破産者が増えているのか、その理由は色々ありますが、その中でももっとも大きな理由は、銀行は「貸金業者」とは違うので、銀行でお金を借りる場合、総量規制など貸金業者が守るべきルールがあてはまらないという点が挙げられます。
 最近では年収の1/3以上借入れできないよう、消費者を守る総量規制や、利息制限法というルールがありますので、消費者金融などの貸金業者が、一定以上の金額を貸すことが難しくなっています。しかし、銀行は、銀行独自の審査がありますが上記ルールに縛られないので、年収が300万円の人にも、150万円、200万円のお金を貸し付けることができます。
 
 銀行が簡単にお金を貸してくれることは、お金を借りたい人にとって大変ありがたいことなのですが、十分な収入基盤のない人がこれを安易に利用してしまうと、借金の返済に苦しめられることになります。
 
 こうなってしまったら、自己破産をするのも解決方法の一つですが、自己破産は難しい手続です。法的な知識がない人が裁判所とやりとりしながら書類を作るのは大変なので、法の専門家である司法書士に頼むのが一番おすすめです。銀行のカードローンで多額の借金を抱えてしまった人も、司法書士法人F&Partnersに相談下さい。
PAGETOP