「サラ金」「ヤミ金」違いは何?

サラ金、ヤミ金と聞くと、どちらも、お金を融資してくれる業者であり、一見同じようなイメージがあるかも知れません。しかし、この両者には、明確な違いがあります。それは貸金業登録をしているか、いないかです。

まず貸金業を営むには国又は都道府県に登録をしなければなりません。この登録をせずに貸金業を営んでいるのが、ヤミ金といわれるもので、違法営業をしている業者です。
 
近年、サラ金と言われる多くの業者は、銀行などが親会社になっていることが多いです。
その為、金利なども法律の範囲内であり、クリーンな経営をしているとこが多く安心して利用することができるようになっています。
 
一方、ヤミ金と呼ばれる業者は元々が違法営業のため法律を守る気などなく出資法違反の高金利での融資が行われています。そして、その経営母体の多くが暴力団になります。
その為、一度利用してしまうと返済に苦しむ事が多く、その際の取り立ても非常に厳しいものになっているのです。その取立手法はもちろん、手に入れたお金が暴力団の資金になる為、大きな社会問題の一つになっています。
 
では、そんな、サラ金とヤミ金の見分け方は、どうすれば良いのかと言うと、まず、利用されている電話番号に注目していきます。「実態がない090金融」と言う言葉をご存知でしょうか?この言葉は、ヤミ金を指す言葉になっており、090や080、050など携帯番号のみ明記しているような場合は、何か問題が生じたときすぐに携帯電話を捨て、逃げる事ができる事を考えている業者が多いからです。その為、このような、携帯番号のみ明記しているような場合は、まずヤミ金であると言う事を疑い、利用を避けた方が無難です。
 
とは言っても、サラ金でお金を借り過ぎ、最後の手段として、ヤミ金とは分かっていながらも、手を出してしまう人も少なからずおられます。本来違法な契約ですので、取立てられても返済する必要がない相手ですが、完済して過払金の返還請求をしようと思っても、実態が不明確ですので交渉すらスムーズに始められないことも多く、やはり最初からヤミ金で借りないことが望ましいですね。
PAGETOP