30日間無利息のシンキ

シンキと言っても知らない人もいるでしょうが、実はシンキというのはノーローンの業者で、「30日間無利息」のサービスでおなじみ業者です。
現在では完全に新生銀行のグループ会社になっています。 
過払い請求の対応においてシンキの場合はいい噂をあまり耳にしません。過払い金の返還率についても低く、6割~7割くらいで、争うことがあれば徹底して争うことが多くあるそうです。 
過払い請求をシンキにする場合は、上手く交渉がいかなくて多くは裁判になると言われています。そのため、シンキに過払い請求をする場合には、その点を注意しましょう。 
いい対応の業者などの場合は、訴訟を起こした場合には話し合いを裁判外で行って和解になるケースが多くあります。しかしながら、シンキの場合は判断を裁判官に求めるケースが多くあるそうです。しかも、結審した後でもシンキの場合は控訴する場合が多くあるようです。 
ノーローンの特徴としては、サービスとして一定期間無利息というようなものがあります。
借りる場合にはうれしいものですが、引き直し計算の場合にはこのサービスが混乱を生む場合があります。
一般的な計算ソフトを使う際、無利息期間の分は手動で調整を行う必要があります。この際、引き直し計算ミスが生じる場合も多くあるのです。この計算は複雑ですので、司法書士などプロに依頼されることをおすすめします。 

ここでは、シンキの過払い請求の対応についてご紹介しましたが、計算の手間だけでなく、どのような人が過払い請求をしてきたかということによって、このような対応は異なってくる場合があるということも把握しておきましょう。

例えば、個人が過払い請求者になっている場合には、提示額を露骨に大幅に減額するような業者もあります。業者の大手の場合でも、本人が過払い請求するような場合は、甘い対応をされる場合が多いと覚えておきましょう。 

また、司法書士や弁護士に頼んだということでも安心できません。
過払い請求を多く業者側は対応してきているため、司法書士や弁護士と言うようなプロでも、経験が多くなければ見破ることができます。当然ですが、このような場合には有利に業者側が交渉を行うようになります。 
過払い請求を頼む場合には、豊富に実績があるF&Partnersにお任せください。
PAGETOP