クレディセゾンのショッピング相殺

クレディセゾンは、セゾンカードやUCカード等を発行するクレジットカード会社です。
ここでは、クレディセゾンセゾンの過払請求をする前に確認を必ず行っておくべきポイントについて見ていきましょう。

クレディセゾンセゾンの過払い請求は、消費者金融と区別されており、信販系と言われています。ショッピング枠がある信販系の場合は、過払い請求の場合に非常に注意が必要です。
また、過払い金がクレディセゾンセゾンで発生していることが分かっても、キャッシングを返している途中の状況であったり、ショッピングの残債が残っていたりすれば、手続きにデメリットが生じる場合があります。

では、クレディセゾンセゾンの過払い請求の場合、ショッピングの残債がある場合はどのようになるのでしょうか?

クレディセゾンセゾンの過払い金請求はショッピング返済中の場合でもできるため、柔軟な対応であると言えるでしょう。
クレディセゾンセゾンのショッピングの部分とキャッシングの部分は契約が同一になっているので、手続きを分離して行うことはできません。そのため、ショッピングの残債がある場合の手続きは任意整理になり、過払い金の完全に返済したキャッシングによって生じたものとショッピングの残債と相殺するようになります。
また、クレジット枠でネットの支払いなどを毎月決済していれば、これも一種の借金になるので、ショッピング枠を利用している場合は注意しましょう。

先にご紹介しましたが、クレディセゾンセゾンの過払い金の場合は、手続きが返済中の場合でもできます。返済中の場合の手続きは「任意整理」と言われており、デメリットが少なからず生じる場合があります。

クレディセゾンセゾンの過払い金の手続きの場合、返済中であると取り扱われるケースとしては、ショッピングとキャッシング共に返済中、ショッピングの利用は無いがキャッシングは返済中、ショッピングは返済中であるがキャッシングは完済している等のケースがあります。

このようなケースの中で、最も注意する必要があるのは、ショッピングは返済中であるがキャッシングは完済済のケースで、キャッシングは完済済で過払い金が発生する可能性があるが、ショッピング利用がまだ残っているケースです。
このケースの場合は、ショッピング利用がまだ残っているため、返済中の取り扱いになり完済扱いではない処理になるので、きちんとショッピング利用分を返済することが可能な場合は手続きを完済してから行うようにしましょう。

PAGETOP