過払金に利息はつくのですか?

過払請求では、サラ金などの消費者金融の金融業者に対して「過払金が発生した時から年5%の利息」をつけた過払金を請求する事が出来ます。あれだけ苦しめられていた利息は、もちろんこちらが請求を行う過払金にもつくのです。
今回は、「過払い金に対しての利息と請求方法」について詳しくお話をさせていただきます。

年5%の利息をつける事は最高裁判所で決定した事項です。「たかが5%か」とあなどってはいけません。

例えば、過払金が100万円を超えるようなケースにおいては、年5%の利息はおよそ10万円から50万円前後の非常に大きな額となります。この為、サラ金などの貸金融の金融業者と債務者との取引期間が長ければ長いほど、過払金請求の際の年5%の利息請求分は大きな物となってくるのです。

しかし、最近では金融業者も「みなし弁済が成立するであろう事を予測していたので、こちらは悪意の受益者とはならず、一年あたり5%の利息は発生しない」とする「悪意の受益者」の利息支払義務を理由として5%の年利の利息をつけた過払い金請求に対して裁判で争ってくるようになってきています。

これに対し最高裁判所は「たとえみなし弁済の適用があると信じていたとしても、やむを得ない特別な事情がない場合には年5%の利息が発生する」という判決を下しています。この為、たとえ金融業者側が争う姿勢を見せているとしても、問題なく年5%の利息をつけた過払い金請求を行う事が出来ます。

ただし、借入金の完済から10年間が経過するなど完済後、長期間経過している場合には過払い金請求が時効となりますので、あなたが完済してからどの程度の期間が経っているのかについてはお知らせください。

PAGETOP