過払請求すると関連会社で借入できなくなりますか?

過払請求とは払いすぎた金利を返してもらうことであり、法的に正統な権利です。
ですが、司法書士等を通じて金融業者に過払請求を行うと、その金融業者だけでなく、金融業者のグループ業者からも借り入れできなくなるという話があります。
はたして、それは本当なのでしょうか。 

結論から言うと、それは一部ですが事実です。
金融業者に過払請求をすると、お金は返還されますが、その金融業者内のブラックリストにのる(社内ブラック)ことがあるので、以後その金融業者とは取引できない可能性があります。

しかし、その金融業者とは別の金融機関にお金を借りる場合だと、話が変わってきます。
引き直し計算の結果その金融業者の債務が完済になった場合、信用情報機関には何ものらないので、問題なく他の業者からお金を借りる事が出来ます。 

これが過払い金を使っても全額債務返済が出来ず、残債務が残ってしまった場合だと、任意整理のように扱われるので、信用情報機関に記録されてしまい、過払請求をした金融業者だけでなく、他の金融業者からもお金を借りる事ができなくなります。 
では、過払請求した金融業者の関連会社からお金を借りる場合はどうでしょうか。
例えば、アコムは三菱東京UFJグループの連結子会社ですが、そのアコムに過払請求をした場合、関連会社である三菱東京UFJ銀行からお金を借りる事はできないのでしょうか。答えはケースバイケースです。
三菱東京UFJ銀行の審査では問題なく、かつ信用機関の情報も問題なかったのに、関連会社であるアコムのブラックリストにひっかかってしまった結果、三菱東京UFJ銀行からお金を借りられないこともありえます。 

なので、消費者金融のグループ会社である銀行と今後取引する機会があるのなら過払請求しないというのもひとつの選択肢ですし、状況により大金が返ってくるものなので堂々と請求するというのも一つの選択肢です。

F&Partnersでは請求先の金融業者だけでなく、そのグループ会社との関係まで考えたプランをご提案します。

PAGETOP