消費者金融に過払請求すると嫌がらせされる?

元々消費者金融は、サラ金といわれて、バブルの最後の頃は未回収の現金を回収するために、凄まじい催促行為が行われて、一時大きな社会問題にもなっていました。

その後、個人融資を行っていなかった銀行が参入して銀行系のグループ会社も一般の消費者金融のように個人融資を始めるようになり、そのタイミングで、業界のイメ-ジ一新ということで、様々な手立てが打たれ空気感もかなり変わりました。

とはいうものの、昔の高利貸しであり、「貸金業者=怖い」というイメージは完全に払拭できたわけではありません。

ましてや、消費者金融にお金を返せということを伝えようものならば、怒鳴られて終わりではないか?とか、過払請求すると嫌がらせされる?という気持ちになるのは当然のことではあります。

実際、この過払請求が始まった頃は請求する方も、請求される消費者金融側も不慣れということで、消費者金融側の対応の悪さとか、悪態をつかれたりすることもありましたが、今は、恫喝しても意味が無いし、司法書士等が関与すると訴訟されることもわかってきたので初期の頃に比べて円滑に進んでいます。 

また、あまり知られていませんが、司法書士等が過払請求代行を行うと、業者があなたに直接コンタクトを取ること自体ができなくなります。ただし、これは貸金法で認可を受けている貸金業者に限ったことで、貸金法の認可を受けていないいわゆる闇金は元々違法なのでルールを守ったり過払請求に応じることはありません。
PAGETOP