過払請求をしても住宅ローンは組める?

ようやく頭金を貯めて、やっとマイホ-ムを手に入れるということは、人生において何度もあることではありません。その人の人生の一大事業の一つと言えるでしょう。キャッシュでポンと買う人もいますが多くの人は借金して資金作りをするのが普通になっています。所謂、住宅ローンを組むということですね。銀行等の金融機関から資金の調達を受ける際は、必ず信用調査というものが行われます。

これは当たり前のことで、現金を貸す金融側からすると、「この人にお金を貸しても大丈夫かな?」ということが一番気になります。立派な保証人がいたり、担保等を取っていたとしても、キチンと返済が行われるのが一番、望ましい状態であります。保証人に請求するのは非常に手間暇がかかりますし、担保に不動産等を持っていたしてもそれを現金化するのは時間がかかります。

ですので、やはり銀行等の金融機関の視点では最初の取り決め通りに返済してくれるのが一番いいのです。利用者の信用情報調査の際に、過去に借金をしたことがあり、既に完済はしているが返済が滞ったことがあるとか、現在も金融機関に借金があり今も返済中であるとかの情報があると審査に影響が出ることが考えられます。
 

 ここ数年、過払金返還請求が注目を浴びています。「過去に消費者金融から融資を受けたことがあり、完済したが当時の金利が法定基準を超えていたので、払い過ぎた分を返してもらう」ことを過払金返還請求といいます。過払金返還請求がうまくいくと実際に大きな金額が戻ってきます。司法書士に依頼して手続きを進めることが多いため、司法書士事務所では、過払金返還請求代行を事務所の活動の大きな柱にしているところも有るくらいです。

完済している場合は、過払金返還請求をしても新しくロ-ンを組む障害になる事はありません。現在は信用情報に過払金返還請求の情報は一切載りませんし、過去の分も削除されているからです。また、普通に考えて、払い過ぎたお金を返してもらう事が、新しくロ-ンを組むのに、悪影響があるとは考えにくいからです。ちゃんと返済の出来る人間であるということの証明になることもあるくらいです。

PAGETOP