過払い金請求のよくある誤解

過払い金を請求するには期限があります

過払金請求における情報がメディアで取り上げられるようになって久しいですね。
この請求に関しては時効が存在しており、取引の終了時点から10年間を経過すると
いくら過払い金が存在していたとしても一切請求することができなくなります。
そうであっても現状、いまだに行動を起こせずにいる人が多いとされております。
「過払金」は文字通り払い過ぎた利息分のお金を指す言葉です。
ですが残念ながら請求しない限り自動的に貸金業者から返還されることはありません。
元々払う必要のない自分のお金を取り戻す請求なのですから堂々と請求しましょう。

借金を返済中でも、過払い金は請求できますか?

まだ返済中だから自分には関係ない、とお考えの方もいるかもしれません。
過払金の請求に着手したことを専門家が相手に連絡すれば、現在取引中であっても
一旦返済請求をストップさせられますので、精神的な余裕につながります。
また、信用情報が気になっている人に朗報となるのですが、
完済している借金に対する過払い金請求であるならば
ブラックリストなどに記載されることがありませんし、さらに
返還請求で取り戻したお金で借金の残債を全て返すことができたならば
債務整理扱いとならないので、信用情報をきれいなままキープすることができます。

返済中の過払い金請求のメリット・デメリット

返済中の過払金請求で必ず信用情報に傷が付いてしまうということはありません。
しかし、過払金の請求をすることによるデメリット面を考えてみた場合、
返済途中のケースでどうしても残債が残ってしまうときには
信用情報に債務整理をしたことが記載されますので、
その結果として新たにローンやクレジットカードを申し込むことが
5~7年程度難しくなってしまうことを覚悟する必要があります。
その辺りの見極めも、専門家であれば的確に状況を読むことができ、
自分で試すよりもより安全に請求ができることでしょう。
PAGETOP