現在取引中でも過払い請求してよいですか?

 過払い金とは貸金業者に対して利息制限法の上限を超えて払い過ぎた利息の事を言います。以前の貸金業者、主に消費者金融では利息制限法の上限を超え、出資法の上限以下のグレーゾーン金利でお金を貸していました。過去に利息制限法の上限を超える金利でお金を借りていた事があれば過払い金請求によって返還されます。

 過払い金請求はまずは取引履歴を取り寄せる事から始めます。届いた取引履歴を見ながら引き直し計算の結果、過払い金があった場合は貸金業者に過払い金の返還請求をします。

 この過払い金返還請求は完済していても現在取引中でも可能です。この時気になるのが過払い金請求により信用情報に事故情報が記録されるのかどうかです。事故情報の記録があると様々なローンの審査に通らなくなります。無論、クレジットカードも例外ではなく、入会審査が通らず困られるケースが見受けられます。完済している場合は事故情報として記録されませんが、現在取引中で過払い金請求を行った場合は事故情報として記録される事があります。

 残ありの場合、貸金業者は債務整理が開始されたと判断する事があるのです。引き直し計算の結果、過払い金が無かった場合は過払い金請求ではなく任意整理となり、記録された事故情報の抹消は登録期間が過ぎるまで行われないです。

 任意整理の場合、登録期間は約5年となっており、しばらくの間は記録されたままとなってしまいます。現在取引中で過払い金請求を考えている方は、引き直し計算を行い過払い金の確認ができてから請求する事が必要です。

 過払い金の無料診断を行っている事務所もあります。ケースによっては、ご自身で貸金業者から取引履歴を取り寄せて、司法書士が引き直し計算を行い過払い金があるかどうか調べています。ご自身で取り寄せる分には信用情報に事故情報が記録される事は無いです。その為、事故情報は困るけど、過払い金がいくらあるのか知りたい時にはご自身で取引履歴を取り寄せたほうが無難です。診断までなら無料なので気兼ねなく利用でき、その後正式に過払い金返還請求を依頼するかどうかは自由です。

 また過払い金が返還された場合、司法書士への報酬は、返還された過払い金の中から精算できる為に安心です。

PAGETOP