時効と思っていた過払いも一度調査を!

昔、消費者金融(あるいはカード会社)からたくさんお金を借りていたけど、もう昔の話だから過払い金の返還請求はできないし諦めよう、こんなことを考えている人が世の中には多いです。

 しかし、本当に昔借りたお金の過払い金は、返還請求する事が出来ないのでしょうか。答えは、「専門家に相談してみないとわからない」です。過払い金返還に関する時効計算は、非常に複雑なものです。一般的に、過払い金返還の時効は10年間ですが、これは、お金を借り始めた時から数えて10年と言うわけではなく、取引が終了してから10年となります。

 さらに言えば、その業者と取引が終了して、それから10年経っても時効が成立しているとは限りません。なぜなら、時効が途中で中断していた場合があるからです。そうなると、時効計算をやりなおすことになるので、「もう時効だと思っていたけど、実はまだ半年、過払い金を返還請求する権利が残っていた」ということになることもあります。

 これは、法律の素人が少し取引記録をみただけではわかりません。よくわからないので過払い金問題の専門家に相談してみると、実は50万円過払い金が残っていて、しかもまだ1年猶予が残っていた、こんなケースは枚挙に暇がありません。なので、過去に消費者金融などからお金を借りていた経験がある人は、どんどん司法書士に相談してみるとよいでしょう。

 こういう話を聞くと、「でも私が借りていたのは10年以上前だし、それに昔の取引記録も残っていないし」とためらわれる方もおられるでしょう。しかし、相談してみないと何も始まりません。先述の通り過払い金のシステムは非常に複雑で、いったいいくら過払い金があるのか、時効なのか、あと何年間請求できるのか、こういうことすべてが、調査しないと正確にわからないのです。少しでも消費者金融やカード会社にお金を借りたことがある人は一度司法書士に相談してみるべきです。

 幸い、今は無料の過払い金に関する相談をあちこちでしています。これらを利用すれば無駄なお金を払わずに過払い金の有無を調査することができます。調査してもらって損する事はありません。だから、「過払い金があれば返還請求できるしラッキー」と軽い気持ちで調査してもらえばいいのです。金利計算や時効計算など、面倒なことは全部専門家がします。

PAGETOP