「過払=必ず借金がなくなる」ではありません

 ”過払金を使って借金を返済しましょう“ 今、巷ではそのような言葉があふれています。

 確かに、返還された過払金を使って借金を返済することは可能ですし、大勢の人が過払金返還を受けていることも確かです。しかし、イコール借金完全返済、とはならないことも世の中にはあるのです。

 なぜ過払金返還を受けても借金がなくならないのか、その理由は単純明快です。それは、返ったきた過払金より、借金の総額のほうが大きいからです。過払金が200万返ってきても、借金の総額が250万円あれば、借金を全て返済する事が出来ません。過払金を使っても借金を全て返済できない場合、言い換えると、借金の返済途中に過払金を請求する場合、金融事故が発生する恐れがあるので、注意が必要です。

 任意整理や自己破産などの債務整理をすると、信用情報機関に登録されるのは有名な話ですが、実は、借金の返済途中に過払請求をした場合も、登録される場合があります。これは、過払金請求をしたために金融業者との取引が一時停止した結果起こるものですが、そうなると、過払金請求という当然の権利を行使したのに金融事故扱いされるという理不尽な結果になってしまいます。

 この状況を避けるには、過払金返還請求をする業者との間にある借金を全て返済してから、改めて過払金を請求するのがベストです。過払金返還の結果借金が帳消しになった場合も、ノーリスクでお金を手にする事が出来ます。業者に過払金請求をしても返済が遅延するような状況にならなければよいのです。

 ですので、過払金が返ってくれば一発で借金を返済出来るような状況なら、借金の完済前に請求をしてもいいのですが、たとえ借金を全額返済できなくても、過払金を請求すれば債務の大幅な減額に成功することは確かなので、過払金を抱えている人は、その金額の大小に関わらず司法書士に相談下さい。きっと経験豊富な司法書士が、あなたの助けになってくれることでしょう。

PAGETOP