回収金額より費用が高い場合はないですか

各消費者金融業者が利息制限法を守らず出資法だけを守っていた時代、これらの業者にお金を借りていた人は、過払金返還請求をする権利があります。 
しかし、司法書士などの専門家に依頼して過払金返還請求をしても、司法書士などに払う費用と過払い金が相殺されて収支トントン、ひどい時には費用の方が高くつくのではないかと考えて、過払金返還請求の権利があるにもかかわらずそれをしない人がいます。過払金返還請求は成功すれば何十万、何百万の返金が見込めるのに、はっきり言えば、これは非常にもったいない行為です。 
確かに、司法書士事務所などによっては着手金をとるところがありますし、裁判になると別枠で費用をとるところも多く存在します。事前に説明が足りない事務所に依頼すると費用倒れになる可能性がないとは言えません。しかし、それを理由にして過払金返還請求をしないのは、やはりもったいないのです。何故なら、司法書士事務所などによっては着手金や高額な費用をとらないところがあるからです。 
例えばF&Partnersは完全成功報酬型の事務所なので、着手金をお支払いいただく必要がありません。
訴訟になった場合も成功報酬の中で明朗・良心的な価格で遂行します。過払い金が少額で、万一訴訟費用が高くつきそうなケースでは事前にご説明しますのでご安心ください。
PAGETOP