空白期間と一連計算

きちんと返済総額を計算している人はあまり多くないものなので、業者から督促を受けたりして焦ってしまい、必要以上に支払ってしまうことがあります。
支払いすぎていることに気づいた場合、そのまま諦めてしまう必要はありません。
司法書士などの専門家の力を借りて、過払の請求をすることができるのです。
この請求には専門的な知識が求められるため、自分で対処しようとするのは好ましくありません。
専門家を頼って、じっくりと臨むようにしなければならないのです。

一連計算

考えなければならない論点の1つに、一連計算と呼ばれるものがあります。
これは、ある消費者金融からお金を借り入れ、きちんと返済を済ませた後に、再び同じ業者から借り入れたような場合に問題になるものです。
最初に借り入れた取引と、次に借り入れた取引との間に、連続した性質があるかどうかが争点となっています。

空白期間

連続していると判断することができる場合、空白期間についても意識しなければなりません。
この空白期間について考えたり、一連計算を行ったりすることが大切なのですが、なかなか一般の人ができるものではないので、消費者金融とのやり取りを経験している司法書士のアドバイスを受けることをお勧めします。
 

消費者金融の側では、たいていの場合、取引は分断しているという主張をします。
過払請求が行われた際には、取引が分断されている方が消費者金融にとって都合が良いためです。
お金を借り入れている個人が、自分自身で消費者金融と交渉しようとすると、取引が分断してるという主張を受けてしまい、業者の主張に反論できなくなる場合があります。

一連計算を行ったり、空白期間に関する判断をしたり、あるいは分断しているのかどうかを考えたりすることは、非常に大変なことです。
さまざまな知識が必要とされる問題なので、自分自身で対処しようとするのは不可能に近いです。
一旦、業者の主張を受け入れてしまうと、後から覆すのは難しい場合が多くなります。

早い段階で司法書士法人F&Partnersに相談し、やり取りを全てをお任せください。

PAGETOP