生活保護を受給しているTさん夫婦が生活費不足のため借金をしたケース

≪相談前状況≫

若い頃はドライバーをしていて収入もあったTさんでしたが、病気をきっかけに働くことが出来なくなり、奥さんはもともと病気がちで仕事は出来ず、生活保護を受給して生活していました。
生活費や医療費がかさみ、兄妹に借りたりしていましたが、それだけでは、賄いきれず、クレジットカード会社、消費者金融から借入れるようになりました。
借入れ総額は4社で150万円でした。

 

≪解決方法≫

Tさん夫婦の話をお聞きすると、十数年前に奥さんは一度破産しており、ご主人も任意整理していたことが分かりました。
ご主人は病気を抱えながら仕事をしており、それ程収入は見込めず、奥さんも病気とのことで、司法書士への報酬の支払いも難しいとお悩みでしたが、法テラス(日本司法支援センター)を利用することで、2度目の破産申立てに踏み切りました。

 

≪解決後状況≫

無事免責を受けたTさんご夫婦とも、病気を抱えながらの先の見えない返済生活に区切りをつけることが出来、安堵されていました。
また、司法書士報酬も法テラスを利用し、生活保護を受けていることで、費用の償還を免除され、特に大きな出費もなく破産することができました。

 

 

 事務所概要  料金について  スタッフ紹介
 コラム  お客様の声  
PAGETOP