無理なローンを組んで商品を購入されたケース

≪相談前状況≫

Mさんは60代前半の女性で数年前に旦那さんは他界されました。
2人の間には女性の子どもが1人いましたが既に結婚され、離れて生活していました。
Mさんは旦那さんが亡くなったことをきっかけに着物の販売の仕事に就かれましたが、販売ノルマに達しない分については自らローンを組んで着物を購入されていました。
Mさんもこれではいけないと思い、1年ほどで仕事を辞められましたが既にショッピングローンだけで400万円の借金があり、返済のため借入れた消費者金融分と合わせると総額600万円を超える債務になっていました。

≪解決状況≫

Mさんはこの年になってこんなに借金を作ってしまいどうしたものかと憔悴しきった様子で相談に来られました。
特に心配されていたのは娘さんや孫に迷惑がかかってしまうのではないかということでした。
自分が破産をすれば借金が借金が娘さんにいくと思っておられたようで、罪悪感から娘さんとも連絡を取らなくなっていたそうです。
しかし、Mさんが破産をしても娘さんに借金がいくことはにと説明し、破産手続きをすることになりました。
購入された商品はローン会社に引き揚げられましたが、免責決定も無事におり借金を無くすことができました。

≪解決後状況≫

Mさんは、相談前、もう娘さんや孫にも会えないと思っていたが、破産手続きをしたことによって借金がなくなり、また娘さん達に会うことができると喜ばれていました。

 事務所概要  料金について  スタッフ紹介
 コラム  お客様の声  
PAGETOP