どこに相談をするべきか迷っている方へ

~司法書士事務所と弁護士事務所は何が違うの?~

債務整理を専門家に依頼する場合、
司法書士と弁護士で何が違うのでしょか?    

最近は、債務整理についてのCMや看板広告などを良く目にする方も多いかと思いますが、司法書士、弁護士と士業の種類はまちまちで、一体どこに相談したら良いか迷っている方も多いのではないでしょうか。

司法書士の方が依頼料は安い場合が多い

法律事務所に関しては、債務整理に限らず依頼料が高いのが一般的ですが、以前は相談しただけで費用が発生しましたが、債務整理に限っては、近年は無料というところも増えてきました。
しかし、依頼料に関しては司法書士と比較すると高いケースが多く、過払い金請求において、過払い金が返金される前に着手金が掛かってくる場合もあります。司法書士に依頼したほうが安く済むというケースが多いわけです。

また、当事務所はお客様の生活再建を一番に考え、お客様の手元に残る過払い金を増やすことを目的にして過払い金報酬を従来の20%から15%に引き下げましたので、お客様の負担は少なくて済みます。(但し、中には司法書士と同程度の価格で債務整理を行っている弁護士さんもいらっしゃいます。)

また、初期費用0円や、分割払いについても対応していますので、お客様の語状況に応じて柔軟な対応ができる点も、メリットの一つとなっています。


140万円以上の借金相談については、弁護士へ

しかし、司法書士は法律で140万円以上の事件については訴訟代理権が認められません。では140万円以上の債務がある場合、司法書士に債務整理を依頼することはできないのでしょうか?

実は「本人訴訟」という方法があります。これは、140万円以上の事件については司法書士が代理人として法廷に立つことができないので、手続き上は自分で訴訟を起こすという方法です。

「自分で裁判なんてできない・・・」と考える方も多いでしょうが、実際には必要書類の作成や手続き方法、裁判当日の流れ等、必要なことはすべて司法書士が教えてくれます。

また、自分自身が裁判に参加できるので、ご自身の納得いく形で債務整理を進めることができます。逆に弁護士に任せきりで、いつの間にか考えていたことと違う形になっていたということを避けることもできます。
本人訴訟についてもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

もし、本人訴訟か弁護士に依頼するかを迷っている場合、当事務所にお問合せ頂ければ、適時良い方法をご紹介させて頂きます。
ご自身の人生における大切なご決断かと思いますので、我々も親身に対応させて頂く所存です。

こちらもご参照ください

● 料金表  ● 専門家紹介  ● 無料相談の流れ  ● お客様の声



PAGETOP