住宅ローンが払えなくなったら

借金でお悩みの方の場合には、住宅ローンを滞納してしまうということも少なくありません。この場合には、どのように対応をすればよいのでしょうか。

まず、住宅ローンを数か月滞納してしまった場合には、信用情報機関に金融事故として情報が掲載されてしまいます。

また、1~2か月ほど住宅ローンを滞納していると、催告書や督促状が自宅に郵送されてきます。このまま滞納が数ヶ月続くと、競売にかけられてしまうことになります。競売にかけられてしまうと、執行官による現地調査などが行われ、競売にかけられていることが近所にばれてしまう可能性があります。また、競売の場合、通常、市場価格の50~70%の価格での売却になってしまう可能性が高いです。

住宅ローンが支払えないけれど、売却をしたくないというのであれば、一時的に支払額を減らしてもらう方法である、リスケを行うことがおすすめです。早めに返済計画のリスケを行うことで、住宅ローンの滞納による競売にかけられてしまうリスクを減らすことができます。しかし、リスケにより一時的に支払額を減らしたとしても、総支払額が多くなったり、支払い期間が長くなるなどのデメリットがありますので、注意をしましょう。

これは、基本的に、収入が回復する可能性がある方にお勧めする方法なのです。収入が回復する見込みもないのであれば、あまりお勧めできません。ローンの支払いが苦しいため、もう自宅を売りたい、という場合には、任意売却という方法があります。

任意売却の場合には、通常の不動産売却の方法によりますので、競売で売却するよりも市場価格と大差なく売却することができます。また、近所などに知られずに売却を済ませることができるというメリットがあります。

まずはお悩みがあれば、司法書士に相談ください。

PAGETOP