携帯電話も使えなくなりますか?

 自己破産をする人が心配することのひとつが、「自己破産後も、今までのように携帯電話が使えるかどうか」ですが、実際のところ、破産後も今までとかわりなく携帯電話を使えるのでしょうか。

 結論からいうと破産後も問題なく携帯電話を使うことが出来ます。携帯電話は、破産申立後、処分する財産でもありませんし、電話会社が契約を解約したりすることはありませんので、今まで通り電話を使うことが出来るのです。

 ただし、今使っている携帯電話に残債がある場合、つまり携帯電話をローンで買っている場合、少し話が変わってきます。その場合、携帯電話の残債は債務ということになりますので、破産手続をすると携帯電話が止められてしまいます。

 ですが携帯電話の残債が少額であれば届出から外すケースもありますので、実際問題、残債のある携帯電話が破産後に使えるかどうかは、ケースバイケースだと言えるでしょう。

 ちなみに、自己破産をすると、信用情報機関に事故情報が登録されることになるので、分割で携帯電話を購入することができなくなる場合があります。

 ただし一括なら購入可能ですし、金融事故を起こした人でも、携帯電話を使うことそのものは可能なので、この点に関してはそこまで気にする必要はないでしょう。

 また、携帯電話の残債がなくても、通話料金を滞納しているケースがあります。この場合、通話料金の滞納分を債務として裁判所に届け出ることになるので、不払い情報交換システムにその情報が載ることになり、しばらく電話を止められることになります。

 ですが、自己破産後にその債務を払うことで、また電話を使えるようになりますので、電話料金を滞納していても、(一時的に電話を止められても困らないなら)問題なく破産することが出来ます。

 気になる点があるなら、法律の専門家に相談してみるのが一番です。携帯電話の件以外にも、自己破産について何か知りたいことがあれば司法書士に相談下さい。

PAGETOP