リボ払い・ツケ払いが原因の自己破産

 今は手元にお金がないけど、この商品がどうしてもほしい、そういう時に役に立つのがリボ払い・ツケ払いです。リボ払いを使えば、毎月の返済額を少ない金額に減らしてくれますし、ツケ払いを使えば、後でお金を支払うという約束で物を買うことができます。

 このシステムは一見便利ですが、ツケ払いや、あとからリボを利用して支払えなくなる人が急増しているので、ツケ払い・リボ払いは後でちゃんと払える額かよく考えてから使う必要があります。

 リボ払いの場合、支払い方法をリボ払いに変えるだけで、カードの限度額まで買い物できるので後で問題になりやすいです。

 毎月の返済額が5万円、10万円になると「さすがにこれだけ返済するのはきついから、今回は買い物をやめておこう」となりますが、リボ払いを使うと、高い買い物をしても毎月の支払金額があまり増えないので、知らず知らずのうちに借金が増えてしまうのです。

 今はネットで商品を見る、その商品をリボ払いで買う、と繰り返すことで、カードの限度額まで商品を買うことになってしまいがちです。本当は、こうなる前にカードの使い方を見直すのがいいのですが、返済ができなくなったら、債務整理をすることも必要かもしれません。

 債務問題に詳しい司法書士なら、親身に話を聞いてくれ、時には自己破産も選択肢に入れて、きっといい知恵を出してくれることでしょう。

PAGETOP