相続人の過払請求の流れ

自分の親などが亡くなり、財産が残されていた場合には相続をするかしないかという相続権が発生し、相続の権利がある人に関しては財産を相続していく必要が出てきます。
しかしこの相続というものはプラスの財産だけではなくマイナスの財産、いわゆる借金も一緒に相続を行う必要があるため、必ずしも自分にとってメリットがあるわけではないといえます。

相続をする前にまず行うべきこととしては、借金の額がどれくらいあるのか、その借金は引き直し計算をした場合に過払い金が発生するのかをしっかりと把握することが重要となります。
すでに返済し終えている借金に関しても同様で、返済し終えていたとしてもそこに過払い金が発生していることは往々にしてありますので、必ず全ての借金の状況や返済済みの借金の状況を全て把握することが必要不可欠となります。

もし借金よりも過払い金のほうが多ければ、相続をした場合でもマイナスになることはありませんし、過払い金が多ければそれだけプラスの財産が増えることにもなります。もともと過払い金と言うお金は支払う必要がない利息にあたるお金ですので、出来るだけ過払い金返還請求を行う方が良いともいえます。

自分でも過払い金請求は行えますが、戸籍収集や遺産分割協議書の作成など非常に面倒な場合が多いため、出来るだけ専門家に任せて行う方がスムーズに過払い金返還請求を行うことが出来るでしょう。

司法書士に任せた場合には金融会社と交渉を行ってくれますので、後は過払い金が返還されるのを待つだけとなります。自分で過払い金請求を行う場合は司法書士を通さないため全て作業を自分で行う事になります。

過払い金請求が完了するまでは非常に時間がかかりますし、とても面倒な手続きが必要ですのでそれぞれの相続人が個人個人で請求するのではなく、まとめてご依頼いただければ、すべての過払い金を一度の請求で行えるため、手間が大幅に少なくて済むことになります。

PAGETOP