保証人からの過払い請求

払いすぎた利息を取り戻すには、過払金返還請求をする必要があります。
借金でお困りの方は、まずは過払い金返還請求をすることで、払いすぎた利息が返ってきたり、借金そのものが少なくなったりします。しかし、過払金返還請求の手続きは煩雑で難しいことも多いため、司法書士などに専門家に依頼する方も多いです。
 
この過払金返還請求ですが、間に保証人が入ることがあります。主債務者が借金を返済することができなくなった場合には保証人のところに返済請求がいき、保証人が借金を全額払わなければならないというケースです。
保証人が借金を全額支払った場合でも、払いすぎた利息があれば、過払い金が生じてしまいます。これは、債務者本人でなかったとしても保証人の立場で請求できるのです
 
しかし注意点があります。主債務者が保証人の支払った分も返還請求できるのではないかと考えている方もいらっしゃいますが、保証人の支払った分を、主債務者本人が請求することはできないということです。
保証人の支払い分は、保証人が自ら過払い金返還請求をすることができますが、これを主債務者が代わりに過払金返還請求することはできませんので、これを最初に頭に入れておきましょう。
 
さらに、過払金返還請求をする際には、保証人の支払い分は、債務者の許可が必要なのか、と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。過払金返還請求の際には、保証人が払った部分は請求できることになっていますので、これには、債務者の許可というものは、特に必要がありません。
 
しかし、これは過払い金と認められる部分についてですので、保証人が支払ったという証拠などの明細が必要となるケースがあります。
PAGETOP