取引履歴の開示請求

過払金返還請求をする場合は、過払の有無・金額を調べる引き直し計算をするために、取引履歴の開示請求をして自分が利用している状況を確認することが第一歩です。取引履歴には貸金業者との取引内容が載っていて、基本的に借入日・借入額・返済日・返済額で構成されています。ご自身でも請求できますし、ご依頼いただければ司法書士等が代理で取り寄せることができ手間が省けます。

ご自身で請求される場合、業者に電話をして、自分の取引履歴を開示して欲しいということを伝えれば、手続きに沿って進めてくれることになります。また、郵送によって請求することも可能になっています。業者に連絡をすることは非常に緊張するでしょうし、もし怒鳴られたりするのではと心配されるのであれば、とりあえず郵送によって請求するようにしてください。

取り寄せできた後にも気が抜けないのは、取引履歴は業者ごとに違った様式で書かれていることです。金融庁ガイドラインや貸金業法に沿って、必要な情報が正しく記載がされていればいいので、業者によって記載されている情報に違いが出ています。取引履歴を確認するだけでも骨が折れる作業ですので、専門家に任せるのも一つでしょう。借入日・借入額・返済日・返済額だけでなく、業者が利息計算した結果も記載していることがありますが、その計算についても基本的に業者に有利なように処理されていますので、計算が正しいかどうかを一応確認しておかなければなりません。実績のある事務所であれば、各業者の取引履歴を熟知していますので、取り寄せから取引履歴確認・利息計算など素早く行うことができます。皆さんの中には取引履歴が自宅に届くと困る方もおられるのではないでしょうか。家族に内緒で調査したい場合もあるでしょう。司法書士等に依頼されると、郵便物はすべて事務所に届き、逐次ご本人に報告されます。その後の返還交渉も全て任せられるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

PAGETOP